浮気と不倫の違い

浮気と不倫という言葉の意味に違いがあるのをご存じの方はいらっしゃいますか?

まずきちんと答えられる方はいないと思います。

確かに法的には浮気行為も不倫行為も別の異性と肉体関係を持つことということでは変わりありません。

大きな違いは双方が独身者である恋人同士であっても浮気という背信行為するばこれが浮気であり、不倫というのはどちらか一方が既婚者であったり双方が既婚者であることを指します。

ですから既婚者と独身者か既婚者同士のカップルが不倫カップルと言われていますので独身者同士のカップルの一方が独身者の異性と肉体関係を持っても不倫とは言われることはないのです。

簡単に言えば浮気という浮わついた心で起きた別の異性との関係を浮気と言い、不倫も浮気行為の中にあると言える訳ですが既婚者という観点から倫理上に反しした行為には浮気以上の嫌悪感を感じてしまう人が多いのかも知れません。

ただ浮気や不倫をされた当事者にしてみれば浮気も不倫も大きな違いはなく、心の痛手には差はありません。

また不倫の場合、根底に恋愛感情があるという違いがあります。

例えば既婚男性がソープランドのような性風俗店に行き、お金を支払い、特に恋愛感情もなく性的関係を結んでしまった場合、浮気行為にはなりますが不倫とは言いません。

単なる浮気という行為になります。

ただそのような女性でも恋愛感情が生じ、馴染みとなって個人的に交際、外で会い、肉体関係を続けていくとなると不倫関係と呼ばれるようになってしまいます。

しかもこの不倫関係での恋愛感情というのが厄介なのです。

既婚男性と独身女性とのカップの場合、多くの既婚男性は恋愛感情があったとしても妻以上に恋愛感情を持って接しているかというとそうでもない人が多いのです。

いわゆる家庭が一番で2番目が不倫している独身女性というケースで独身女性が遊ばれるパターンが多いのです。

ですから不倫していた夫は不倫相手女性と別れ、妻に謝罪し許しを得ようとするのです。

逆に既婚女性と独身男性の場合、既婚女性は完全に恋愛感情は独身男性に行ってしまっているケースが多く、離婚が簡単にできるものならすぐにでもと考えてしまいます。

ですから不倫した時点から離婚を考え、用意周到に離婚準備している既婚女性は多いみたいですが独身男性に遊ばれているというケースも多いと聞きます。

一番厄介なのは既婚者同士の不倫カップルかもしれません。

お互いに家庭があり、配偶者との生活も黙認している関係ですが同じ条件ということで連帯感も加わり、恋愛感情も深まっているケースがあり、どちらか一方において不倫問題が発覚すると相手の家庭をも巻き込みことと成り、どちらも離婚できれば良いのですが一方が離婚したとかになるとバランスが崩れ、大きな事件に発展したり、駆け落ち、最悪は心中なんてこともあります。

不倫という行為は完全に別異性との肉体関係を指しますが浮気という行為は人によってもとらえ方はいろいろです。

別の異性と手を繋いで歩いていた、腕を組んで歩いていた、路上でキスをしていたなど、この様な行為が見受けられたら、もう浮気をしていると捉えるはずです。

理屈上では浮気に見なされる行為でしょう。

しかし、この様な行為は法的の不貞の行為にはなりませんので実質、不法行為としては認められていないのです。

この点を勘違いされていると肉体関係とされる不貞行為が認められる前に対象者に迫ってしまう人もおられます。

まず写真や映像でも提示しない限り認める人はいないでしょう。

もし路上でキスでもしている写真があったとしても少しでも知識のある人は深い関係までをまず認めませんし不倫、浮気と言う不貞行為ではないと言ってきます。

この迫ってしまう行為を探偵に浮気調査を依頼する前や調査段階でされますと相手がかなり警戒をして不倫の証拠を掴むまでに時間が掛かってしまいます。

そうならないためにも辛いことでしょうが泳がせることも必要です。