探偵調査に絶対はない

探偵事務所に調査依頼の相談に個人的な悩みを抱えた相談者が訪ねてくる。

探偵なり相談カウンセラー的な人がそれぞれの相談に応対、面談することとなる。

その際に「絶対」という言葉を多用する探偵事務所は信用してはならない。

調査に「絶対」はないからである。

例えば配偶者の浮気について浮気調査の相談に行った時、相談者の配偶者に対する状況などの話を聞いて「絶対に浮気をしています」と決めつけて浮気調査を勧めてくるケースでの絶対。

しかも「絶対に短期間で浮気の証拠が取れる」という絶対。

相談者の不安な気持ちを煽り、依頼を取りたい気持ちであることは十分に理解できるのだが本当に絶対という言葉を入れて決めつけて良いのだろうか?

更に「当探偵事務所なら絶対に浮気の証拠を掴んでみせます」という絶対。

何を根拠に言っているのか分からない。

確かに相談者は配偶者の言動を見て、浮気をしていると感じているのだから浮気をしている確率はかなり高い。が、絶対ではない。

それに浮気をしているということは浮気相手という別の異性の存在がある。

浮気をしているという証拠を提出することは配偶者が浮気相手と会い、一緒に行動をして最終的に性的関係を結んでいるという状況まで押さえなければ何の証拠にはならない。

いつ会うのかも全く分からないのに短期間で結果が出るなんてことは探偵でも分からないことであって絶対は有り得ないのである。

浮気相手がどういった仕事をしているのか、現在、どういった環境にあるのかも全く分からない。

極端に言えば仕事で海外出張していたり、健康上の問題で入院でもしていたら短期間の調査では浮気の証拠は得られないのである。

どういった状況であるのか全く分かっていないのに「絶対」という言葉は使えないはずである。

しかも相談者が探偵事務所に相談しに来た時点で配偶者と浮気相手との交際が継続しているという保証もないのである。

依頼を受け、浮気調査を実施した時には2人は既に別れ、何日も尾行、張り込みを継続しても浮気をしているという結果が得られないというケースも僅かだが可能性があるのである。

それなのに「絶対に証拠を掴む」という絶対。

無責任な言葉であり、そんな「絶対」を多用する探偵事務所は信用、信頼がおける探偵事務所とは言い難いのである。

誠実な探偵事務所であれば相談者の話を聞き、「浮気をしている可能性は高い」と説明、「浮気相手らしき異性と会った場合にはきちんと証拠を押さえます」と言い、「絶対」というワードは極力使用しない。

また所在調査でも同様のことは言えるのである。

「絶対に見つけ出せます」と言ってくる探偵の絶対。

そんなことは人を探し出す所在調査ではまずあり得ない。

やはり依頼が取りたいが為の誇張トークにしか過ぎないのだろうが所在調査で見つけ出せる可能性はそれこそ絶対ではなく、確率してはさまざまな調査方法を駆使しないと現在の調査ではなかなか難しい状況なのである。

そんな探偵事務所は信用に値するとは到底思えないからである。

むしろ何を根拠にした「絶対」であるか問い質したい。

所在調査では何かしらのトラブルがあり、依頼人から逃げている人を探す場合とお世話になった人や恩師など逃げていない人を探す場合の2通りに分けられる。

逃げている人は必死に逃げており、逃げていない人もその後の人生がどのように変化したのかもまったく分からないのである。

そんな人たちを探し出す所在調査こそ「絶対」はないのである。

探偵事務所は確かに営利を求める企業のひとつではあるが依頼を取る為の成果を誇張する営業トークには気を付けて頂きたい。

依頼人は個人的な悩みを打ち明けて依頼するのである。

そこにつけ込み、絶対という言葉で期待を持たせ、依頼させる探偵事務所はどうかと思える。

相談者が抱える悩みに一緒に向かい合い、解決する方法を共に考え、探偵としてのプロの考えをアドバイスをして、最も適した最善の策を講じるのであるがそこでも結果を得られる手法に「絶対」という文字は存在しないのである。