探偵選び

探偵を必要とする悩みや問題を抱えてしまい「探偵に相談したい」と考えます。このような場面で「悪徳探偵に関わりたくない」とお考えになり、納得できる探偵選びを実施したいと誰もが思うところでしょう。そして、できることならば多くの問題に対して経験豊富な探偵に相談し、スムーズな問題解決と良心的な調査費用で調査を実施可能な探偵と契約を交わすことが理想となります。理想はさておき、ご自身が抱える問題を「探偵が実施する調査によって解決可能か?」という判断が調査着手以前に必要となります。この判断を見誤ることは「探偵の調査が無意味」となる危険性も考えられるのです。もしも、相談に応じた探偵が利益至上主義であり、依頼欲しさに調査に関するリスクにタッチしない人物ならば「満足度の低い調査結果となることも充分にあり得る」と考えられるのです。

このような状況に陥らないために必要な「探偵選び」の基準は多数存在します。

探偵と相談した時点で多くの判断は可能となるのですが、「相談案件に対して確実な判断を提案している探偵か?」という視点が第一に探偵選びには必要となります。どんなに些細な調査を実施するにあたっても「現実的な調査手法を用いて確実で効率良い提案」が実施されているのか?を自問自答しながら探偵との相談を実施することが望ましいのです。少しでも「リスクや不安要素が存在」している調査に多額の費用を投じる判断は避けなければいけません。

調査を急がす探偵には要注意

探偵が実施する調査の多くは「ご依頼者の情報を基にベストなタイミングで実施される」ことが最良と判断できます。このセオリーに反して調査を急かす探偵は「一日でも多くの調査を実施したい」などの探偵側の理由が調査に反映していることが少なくなく、無駄なく調査を実施し、低料金で結果を出すこととは相反する考えが基になっていることは明らかと言えます。このような探偵に依頼してしまうと「ことあるごとに無駄な調査を実施する方向性」で話が進む傾向になり「信用できない探偵」と容易に判断が可能となるものです。根拠なく調査を急かす探偵は悪徳である可能性が非常に高いと認識されて探偵選びや相談のお役にたてることをお勧めします。

探偵との相談時点で役立つ判断

あなたの抱える悩みや問題を解決するために探偵との相談を実施する際には「探偵からの提案が現実的であるか?」判断することが極めて重要なポイントとなることは先にもお話ししました。探偵からの提案が「根拠・裏付け」が存在してなされているものならば良いのですが、何の根拠や裏付けも無く「探偵の長年の経験からくる勘」からの提案など信用してはいけないということなのです。

このような探偵の提案は調査結果が高確率で出るなどの確約ではありません。

探偵の言葉を信じるか信じないかは相談している人物次第と言えるのです。調査後に後悔するか?は運次第としか言いようがありませんね。確かに浮気調査などは実施してみて初めて発覚する事実も多数存在しますが、多くの物事は調査以前から想定内にあり調査が実施されるものなのです。探偵との相談時点で役立つ判断材料は「根拠と裏付けがある探偵の提案であるか?」を自分なりに分析した上で「ご依頼するか?」の判断となり、目前の探偵が口から出まかせを言っていないか?もしっかりと見極めなければならないのです。